レッドジュエルフィッシュだけど舞

他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。
独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の腕次第で大きく違ってくると言うべきです。
この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法とされています。

良く検討した上で、歯科医を選ぶことが治療全体の大きな部分を占めます。費用や手間の面から考えても、インプラント治療はインプラント以外の治療はできないという方にすすめられる治療なのです。クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラントしかないとされる患者さんが多くを占めます。インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントはより自然な噛み心地を得られるため食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。

数々のインプラント治療の問題点について、様々な情報ツールで調べたと思いますが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという説があったのではないでしょうか。
しかし、それは正しくありません。



磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。

ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているのでチタンの特性として、磁気には反応しないためなので、MRI検査には影響ないと考えてください。どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。

健康保険が使えることもまれにありますが、厳しい条件を満たさなければならず、普通は治療の全てが自費になるのが負担が大きくなる原因です。



安い材質、安い治療で済ませても十数万円、難しいケースではその数倍の出費もあることを肝に銘じておかなければなりません。チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨との親和性が高く身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。



インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査などいろいろな検査を実施し、その結果を見て本格的な治療がスタートするので安心して治療を受けることができます。
治療が終わったところで、重要なメンテナンスを継続することによって安全で、快適な使用が続くことを期待できます。インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、それも皆無とはいきません。



上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなど、問題となる不具合が報告されています。これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることの影響が多分にあります。高い技量を持つ歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。手術して人工歯根を埋め込んだ後、自分の歯がうずく反応もよくあります。

http://www.jwjd021.com/


手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが多いです。

ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、インプラントがなじむまでの間は特に、間を置かず歯科医の診療を受けることが治療を成功させるために必要です。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント


その手術とは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこにフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。

その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の洗練されたセンスとスキルを欠かすことは出来ません。



それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ということであり、その分高額になっているのです。


治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院して手術することはまれです。出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、安全を期すため、入院を求められることもあります。また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。

腸骨など自家骨の移植手術であれば入院が必要になることもあるので、注意してください。


これらのどこかに当てはまる方は信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたって術中の痛みが怖いと思います。インプラント埋入手術を受けても、痛くて我慢できないことはまずありません。



麻酔が効いたことを確認した上で手術するのが普通だからです。


手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては多少の痛みはあるかもしれませんが痛み止めは頓服として処方されますので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。