桜井がクルクス

私の子供がアトピーであると診断されたのは、2歳になったところのことでした。
膝の裏にはかゆみもあると訴えたので、かゆみどめとして皮膚科でステロイドを処方されました。



そうして2年ちょっとステロイドを与え続けて、気をつけて様子を見ていたのですが、かゆみを繰り返し起こし、まったく良くなってくれませんでした。結局は、治療を漢方薬を用いたものに変更し、食事内容を見直したことで、子供が小学生になる頃には、アトピーの症状は鎮静化しました。最近の調べで、乳酸菌にはたくさんの健康作用があるのですが、中でもお腹に効力を発揮するとのことです。
お腹の中の善玉菌数を増やすことで腸内が活性化し体内に停滞していた便が出やすくなります。ですので、便秘や下痢がよくなるといわれています。乳酸菌を日々飲むことで整腸効果が高くなると考えられています。

現在は毎年のように寒くなるとインフルエンザにかかる人が続出しています。
年々予防注射を実施する人も増えてきているようですが、都市部では莫大な人数がインフルエンザになっています。



感染経路は様々考えられますが、電車や街中、仕事場など、大人数と空間を共にする場所で感染している可能性が考えられます。
気にする人もいますが、乳酸菌を多く摂りすぎても特に副作用を心配する必要はありません。しかしながらそうは言いますが、たとえ身体に良くてもヨーグルトなどでたくさん摂り過ぎてしまうと、カロリーのとりすぎになってしまう、可能性もあります。
消化し吸収できる量には限界があるので、ある程度の範囲内に限っておくと安全でしょう。

インフルエンザの予防としていいといわれているものに乳酸菌があります。


大体1年くらい前に、テレビで子供に乳酸菌が豊富なヨーグルトを食べさせたところ、インフルエンザになる児童の数が大きく減ったというテレビプログラムを見ました。うちの娘が受験を控えておりましたので、それ以降、ずっとヨーグルトを食べさせています。乳酸菌が腸までたどり着くタイプのヨーグルトが格別にいいそうです。
元々、便秘に悩んでいたのですが、今ではだんだん改善されてきています。
便秘改善に効果があった方法は、毎日ヨーグルトを食べるという方法でした。
友人がこの方法で、便秘を解消したという話を聞いて、私も早速ヨーグルトをたくさん買って毎日実行したのです。この対策を実施しているうちに、だんだん良くなってきて、便秘の苦しみから解放されました。乳酸菌をいつ摂るかが気になりますが、決まった用法がないのです。商品パッケージには適量と回数が、書いてあるところがありますから、1日の摂取量を一度 でまとめて摂るよりは、こまめに分けた方が身体に取り込むことを考えると効果を実感できます。私は便秘にきく食べ物を毎日食べています。ヨーグルトです。

毎朝食しています。


頂いている間に、最近、便秘が良くなってきました。
あのようにも頑固で、ひどかった便秘が治って便秘薬を飲むことも なくなっちゃいました。差し当たって ポッコリしていたお腹も、ひっこんできていて幸いです。アトピー性皮膚炎の治療に活用される薬は、年ごとに高い効果を得られるようになっています。

勿論、必ず医師の指導を受けたうえで適切に用いるということが大事です。

もし、違う治療や薬剤を試したい時には、医師とよく話し合うか、セカンドオピニオンを活用するといいでしょう。自分の考えだけで判断することは好ましくありません。
腸内の環境を整えておくと肌の調子がよくなると聞いて、ヨーグルトを懸命に食べていましたが、味噌や納豆といったものまで乳酸菌を含む「乳」とつくことから、てっきり乳酸菌は乳製品からとるんだと勘違いしていました。


http://xn--veku70gwmbw6cp60bjxcgy5ammf825c.xyz/

何となくちょっと恥ずかしい思いがします。